先着順の無料開催 「問題解決力養成ミニワークショップ」

2014-11-12

恒例の歳末感謝の“無料”開催!
NPO/NGOスタッフのための「問題解決力養成ミニワークショップ」

弊社では毎年、歳末の恒例として数団体限定の無料ワークショップを開催しています。
今年のテーマは「問題解決力」。

NPO/NGOは、そもそも社会の課題や問題の解決を目指す組織です。 となれば、そのスタッフに「問題解決力」の素養が求められるのは当然といえます。 しかし、日本の学校・大学教育で問題解決の手法を体系的に教わることは稀で、企業でも一部の社員に社員研修やビジネススクールで「問題解決力」を学ぶ機会が与えられているにすぎません。

こうした事情下で、NPO/NGOスタッフの多くは、「問題解決力」を日々の活動や組織運営に上手く活用できずにいることを、弊社が行う数々のコンサルテーションの現場で実感した次第です。

そこで今年の無料ワークショップでは、以下の内容で「問題解決力」テーマにて開催いたします。 上限3団体様の限定になります。 ご関心をお持ち頂けましたら、【お問い合わせ・お申し込み】欄をご覧のうえ、

所定事項をメールでお送りください。折り返し、開催可否のお返事をさせて頂きます。

▼【無料ワークショップ内容構成】(全4時間) ========================================================= *「問題解決力」の概要(30分/レクチャー)     「問題」を解剖する       →「原因ツリー」を作って主原因を特定する         →主原因が好転した状態・姿を描く(あるべき像)

→解決の処方箋を作る           →実行・検証

*対象団体の「問題」を解剖する(60分/ワークショップ)     団体が「問題」と思うこと、それは本当に「問題」ですか?     「現象・事実」と「問題」を切り分けて、

団体が解決すべき「問題」を絞り込んでむき出しにします。

(例)「スタッフの離職率が高い」(←問題というより前提となる現象・事実)
「スタッフの意欲を維持向上させる仕組みが団体内に無い」(←解決すべき問題)

*「原因ツリー」を作って主原因を特定する(60分/ワークショップ)     絞り込んだ「問題」から根を降ろしていくように、     「原因」の要素を連ねていきます。     出来上がったツリーから、外部要因に左右されることなく自力で好転でき、

尚かつ問題の解決に効率的につながる原因(主原因)を特定します。

*解決の処方箋を作る(60分/ワークショップ)     「主原因」を好転させる具体的な対策(解決の処方箋)を、

複数のアイデアから具体化します。

*ミニ総括ディスカッション(30分)

(※内容・時間は団体様のご要望や事情等により柔軟に変更することもあります)
=========================================================

▼【お問い合わせ・お申し込み】 以下の項目を info[@]cause-action.jp ([@]を@に直して送信してください)までお送りください。

折り返し、開催の可否をお返事させていただきます。

・貴団体名 ・ご担当者名 ・団体住所 ・連絡先メールアドレス/電話番号 ・ワークショップ開催を希望する場所(原則として貴団体事務所/弊社からお伺いします) ・ワークショップ参加希望人数(数名から20名程度まで対応可能) ・貴団体が解決したいと考える「問題」

(事業活動面での問題、もしくは組織運営上の問題のいずれでも結構です。ただし壮大で非現実的なものでなく、今後1年間のスパンの中で本当に解決したいと考えている事をお書きください。「こういうことに悩んでいて何とかしたい」という平板な書き方でも結構です)

▼【お申し込み締め切り】
2014年11月末日(ただし開催団体数が埋まり次第締め切り)

▼【備考】 ・対象団体は、社会課題の解決を目指す組織全般で法人格の有無は問いません(任意団体、NPO法人、公益法人、一般社団・財団法人等)。 ・開催可否については、団体様から提示頂いた「問題」(なんとかしたい悩み)の中身を弊社で検討し、ワークショップの範囲内で一定の知見を出せるか、団体様の将来のために有用な機会となるかを判断したうえでお返事させて頂きます。

・開催回数:上限3団体まで(開催可となった場合の先着順)

・ワークショップ開催時期:2014年12月〜1月(弊社と団体様間で日程調整) ・ワークショップ開催費用は無料。ただし、ワークショップ開催場所(基本的に団体様の事務所)までの往復交通費実費(弊社スタッフ1名分)のご負担をお願いいたします。

・当日、団体様にてプロジェクター映写機、ホワイトボード、模造紙、ペン、付箋のご用意をお願いいたします。

・その他ご不明な点がございましたらメールにてお問い合わせください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

←「「組織基盤強化に第三者の力をどう取り入れるか」」前の記事へ  次の記事へ「アナタの団体は? 要チェック」→

Previous Post Next Post